So-net無料ブログ作成
検索選択
320421.jpg

薑桂之性:1月31日の四字熟語&何の日 [四字熟語]

スポンサードリンク




本日1月31日は 「生命保険の日」です。

生命保険のトップセールスマンの集りであるMDRT日本会が制定。
1882(明治15)年の1月31日、生命保険の受取人第一号が現れたことが報じられた。1月20日に心臓病で急死した警部長で、支払われた保険金は1000円、当人が払った保険料は30円だった。




本日の四字熟語は 「薑桂之性(きょうけいのせい)」

意味:
年老いてますます剛直なことのたとえ。また、特有の性質は簡単には変わらないたとえ。
※「薑」はしょうが。
 「桂」は肉桂(にっけい)【にっき】。
ともに古くなってもその辛さを失わず、辛さを増すことからいう。


例を考えてみると

・もともと自分の意志を曲げないまっすぐな人だったが、十数年ぶりに会うとますます頑固な人になっていて薑桂之性を感じた。




~感想一言~

1882年時の明治時代でのお金の価値はおおよそ今の2万倍ほどあったようで、そうすると、60万円ほどの保険料を払っていて、受け取った額は約2000万円だったということです。どのくらいの期間払っていたのかは分かりませんが、今と大きな差はないのかなと思います。

一度固まった性質というものはなかなか変わらないもので、特に人間の信念や価値観はよっぽどのことがないと変わらないものです。



スポンサードリンク



nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。