So-net無料ブログ作成
320421.jpg

鰥寡孤独:11月8日の四字熟語&何の日 [四字熟語]

スポンサードリンク




本日11月8日は 「レントゲンの日」です。

1895年の11月8日、ドイツの物理学者・レントゲンがX線を発見した。
レントゲンは、真空管に高電圧をかけて実験をしている時に、真空管の外に置かれた蛍光紙が明るく光ることに気附いた。真空管と蛍光紙の間に1000ページもの厚さの本を置いてもこの光は透過した。そこでレントゲンは、この光に「正体不明」という意味で「X線」と名附けた。
後の研究で、X線は、波長がたいへん短い電磁波であることが判った。波長が短いため体を通り抜けることができ、体の部位や状態によってその通り抜け方が違うことから、体の内部の様子を撮影することができる。




本日の四字熟語は 「鰥寡孤独(かんかこどく)」

意味:
身寄りもなく寂しいさま。また、その人のこと。
※「鰥」は老いて妻のない夫。「寡」は老いて夫のない妻。「孤」はみなしご、「独」は子のない老人のこと。
いずれも身寄りのない寂しい者の意。


例を考えてみると

・独身で兄弟もいないし、頼れる親戚もいない鰥寡孤独の暮らしをしている。




~感想一言~

X線と言われるのは、よく分からないからつけた名前だからX線と言っていたのですね。120年以上前の技術が現在も日常的に使われているのはなかなか凄いことです。

最近の日本は兄弟の数も少なく、結婚しない人も多い。今後は鰥寡孤独な人が増えていくのでしょうね。



スポンサードリンク



nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。